年間120万人が訪れるダイビング情報サイト

Marine Diving web

Fromスタッフ2020.12.17

いよいよ終盤戦! ダイビングの人気ランキング
マリンダイビング大賞2021
裏話その2 海外部門はいかに⁉

海外ダイビングエリア部門で、昨年度の1位、そして現在も1位なのがフィリピンです。ボホール、モアルボアル、リロアン、マラパスクアなど、ダイビングにおすすめのエリアがたくさんあります

海外ダイビングエリア部門で、昨年度の1位、そして現在も1位なのがフィリピンです。ボホール、モアルボアル、リロアン、マラパスクアなど、ダイビングにおすすめのエリアがたくさんあります

 

『マリンダイビング』12月合併号では、「第21回マリンダイビング大賞2021中間発表第2弾」の記事が掲載されていますが、もうご覧になっていただけましたでしょうか?

いろいろな部門が全部で15部門ありますが、なかでも例年とは大きく事情が異なるのが、海外部門です。以前のように簡単に海外にダイビングに行けない昨今、どうしても海外部門への関心は薄くなってしまっているのかもしれません。

実際、現地のダイビングサービスやガイドたちの状況は、エリアによってさまざまですが、厳しい状況であることは変わらないでしょう。お店をお休みせざるをえないところや日本に帰国している方も少なくありません。それでも現地にいる方はスポット開発をしたり、水中写真を撮ったり、また帰国していてもSNSでの情報発信をしたりと、さまざまな準備をして日々頑張っています。

これまで世界中の海で潜ってきて、そのすばらしさを知っている皆さま。
海外の海へ潜りに行きたくてウズウズしている皆さま。
「また行きたい!」「まだ行っていない人におすすめしたい!」
そんな海外の海やお店、ガイドへ、投票理由にひとこと応援メッセージを書いて
投票してはいかがでしょう?

現在、海外ダイビングエリア部門2位はサイパン・テニアン・ロタです。

 

続いて、海外ダイビングエリア部門3位につけているのはパラオです。

 

海外の皆さまからの声をほんの少しばかりご紹介。

「フィリピンは少しずつ規制緩和方向には動いていますが、まだ、海外からの観光客受け入れという段階にはたどり着けそうにありません。業務再開できる日まで、元気に生き延びる予定です!」(海外ダイビングサービス部門 現在1位 GOODダイブショップ代表・神田真児さん)
「苦しい時期ですが、(投票結果は)感謝&励みになります」(海外ダイビングガイド部門 現在2位 スーパーフィッシュダイビング・サイパン 石原美雪さん)
「皆さんこんな状況でも投票してくださるんですね。ありがたくて、涙が出ます」(ダイブクルーズ部門 現在1位 プリンセスハシーナ代表・前井馨さん)

投票は、パソコンやスマホからどなたでも簡単にできます。
毎月1回応募が可能で、以前投票した方も12月、1月と投票できますので、
お家時間にぜひどうぞ。投票した方の中から抽選でプレゼントもありますよ!
(もちろん、海外だけでなく国内の部門も一緒に投票できますよ~♬)

「マリンダイビング大賞2021」投票はこちらから

ぜひあなたの「推し」に、クリスマスプレゼントとして一票を!

「マリンダイビング大賞2021中間発表第2弾」の記事は現在発売中の『マリンダイビング』1・2月号に掲載中!
(※2020年10月までの投票結果です)

少し前のランキングはこちらでも発表しています→
(※2020年9月までの投票結果。誌面とWEBとでは集計時期が異なるので、順位は異なります)

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

※クリックすると、そのカテゴリーの一覧が表示されます