ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

海のいきもの
第46回 クリーナーシュリンプの話

海のいきもの

一般にクリーニングといえば洗濯や掃除のこと(考えただけでも面倒くさい)。
でも海の生き物に対して使う場合は、
ウツボやハタなどの体表にいる寄生虫などを「小さな生き物」が食べて除去することをいい、
その「小さな生き物」をクリーナーと呼ぶ。最も有名なクリーナーはホンソメワケベラで、
次に知られているのが各種エビたち。今回の主役です。●構成・文/山本真紀(2018年8月制作)

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • 伊豆半島500円引きWEBクーポン
  • 海島ツアー
  • スタッフ募集

白いアンテナが目印かも?

クリーナーシュリンプの中でも目立って派手な3種類(大きさ3~5cm)。共通の特徴としては、長くて白い触角が挙げられる。単なる偶然かもしれないけれど、「自分はクリーナーですよ!」というアピールかも?

アカシマシラヒゲエビ
名前の通りの模様で、大変覚えやすいクリーナーシュリンプ。伊豆半島から沖縄まで、日本各地の海で魚たちをクリーニング。フォト派にとっては、そこそこサイズがあるし美形だし、三拍子そろった絶好の水中モデルですよ。分布はインド-西太平洋。日本では伊豆半島以南の南日本で見られる。
❶ ガブッとやればちょっとしたオヤツになると思うのだが、ウツボは口を大きく開けたまま。もしクリーニングという生態を知らなければハラハラドキドキ、あるいはワクワクのワンシーン。撮影/伊豆海洋公園
❷ 客の選り好みは特にしないようで、自分より小さなテンジクダイの仲間をクリーニング中。周囲には順番待ちの連中も。「おい、割り込むなよ!」「俺が先だ!」とか言ってたりして。撮影/沖縄・ケラマ諸島

ホワイトソックス
真っ赤な体に白い触角と脚が見事なカラーリング。シロボシアカモエビともいうが、ホワイトソックスのほうが覚えやすい。インド-西太平洋の熱帯域に分布し、日本では沖縄などで見られる。撮影/奄美大島

オトヒメエビ
この仲睦まじい画像からは想像できないが、「オトヒメエビがウツボに喰われた」という観察例や写真もある。ウツボが裏切った? 地中海を除く全世界の温・熱帯域に分布し、南日本でも普通種。撮影/伊豆大島

得意技はノーガード戦法?

「何たらコモンエビ」と呼ばれる2~3cmのテナガエビの仲間。彼らは岩陰にクリーニングステーションを構え、やってくる魚たちを集団で「掃除」する。中層に泳ぎだしたとき、ピンピンと飛び跳ねるような独特の動きをする。そのとき脚をダラリと下げた姿勢をとり、まるで矢吹君のノーガード戦法みたい。これも「クリーナーですよ、食べないで」というアピール? なお「ノーガード戦法って何だ?」という方は「あしたのジョー」で検索。

ミカヅキコモンエビ
名前も姿も美しい。奄美大島以南の南日本からオーストラリアにかけての西部太平洋に分布。
❸ガイドさんがクリーニングステーションにそっと手を入れてみたところ、ワラワラと寄ってきてクリーニングしてくれた。魚じゃなくてもいいらしい。撮影/沖縄・西表島
❹このアングルだと少々ピンとこないが、実際に見るとホントにノーガード戦法に見えます。撮影/沖縄・西表島

ベンテンコモンエビ
赤白の斑点が特徴。逆さまになりながらも、ノーガード戦法でウツボに接近中。インド-西太平洋に広く分布。日本では八丈島以南で見られる。撮影/パラオ

ソリハシコモンエビ
よく似た仲間が多いが、額角(頭部先端の角状のもの)が白く、先端付近に赤帯があることで区別。八丈島以南のインド-西太平洋に分布。撮影/沖縄・伊是名島

こんなエビもクリーナー

白い触角の連中と「何たらコモンエビ」以外にも、クリーニング行動をとるエビはいっぱい。その一部を紹介。

スザクサラサエビ
アオウミガメの顔にスザクサラサエビが乗って何やら作業中。もしかすると岩と間違えているだけかもだが、魚を掃除するシーンもたまに観察される。インド-西太平洋の熱帯域に分布。撮影/沖縄・ケラマ諸島

ハゼと共生するテッポウエビ
最強の共生関係との呼び声高いハゼとテッポウエビ。ハゼが見張りでエビが巣作りというウイン-ウインの関係のうえ、さらにエビがハゼをクリーニングするという。どこまで仲良しなの、君たち。撮影/パラオ

オドリカクレエビ
近縁のアカホシカクレエビなどと同様、イソギンチャクやナガレハナサンゴなどに共生しており、その周囲にきた魚をクリーニングすることがある。クリーニングシーンがなくてすいません。撮影/沖縄・西表島

ヨコシマエビ
ずんぐりした小さなエビで、昼はほとんど外に出てこない。たま~にウツボなどをクリーニングするらしいけれど、主食はヒトデやウニの表皮というから掃除シーンが見られれば超ラッキー。撮影/八丈島

サンゴ礁の海で会える魚を中心に500種を網羅
ダイバーのためのお魚ガイドの決定版!

フィッシュウォッチング500
出会える! 厳選500種掲載
撮れる! 魚別撮影ガイド付き!
キレイ! 高品質な水中写真!
詳しくはこちら
フィッシュウォッチング500

海の生き物がわかる!海の生き物を撮れる!
ダイバーのための海の生き物図鑑

海の生き物ウォッチング500
出会える! 厳選500種掲載!
撮れる! 生き物別撮影ガイド付き!
キレイ! 高品質な水中写真!
詳しくはこちら
トップページへ戻る

バックナンバー

関連書籍Book concerned

フィッシュウォッチング500

フィッシュウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

海の生き物ウォッチング500

「マリンダイビング」最新号

「マリンダイビング」最新号

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

イルカと幸せな日々

イルカと幸せな日々

「LaSCUBA」最新号

「LaSCUBA」最新号

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • 久米島観光協会
  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • おすすめダイビングツアー
  • 地球の海フォトコンテスト
  • マリンダイビングクラブ
  • 海のBooks&Goods
  • La SCUBA ラ・スクーバ
  • Marine Diving
  • メルマガ登録解除
  • 海ガール 海ボーイ大募集
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • マリンダイビングフェア2019
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめ特集The special feature

Present今月のプレゼント