ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram

基礎からわかる! ダイビングスタート&スキルアップ術
第27回 Cカード講習って何?

基礎からわかる! ダイビングスタート&スキルアップ術

初めてのダイビング、久しぶりのダイビングは「どうしたらいいの?」と戸惑いの連続。
今さら聞けない基本スキルから絶対にマスターしたい必須スキルまでここでおさらいしちゃいましょう!

第27回 Cカード講習って何?

この連載も27回目。皆さん、いつもご愛読ありがとうございます。
でも、「基礎からわかる! ダイビングスタート&スキルアップ術」という連載タイトルのわりにふと過去の連載を振り返ってみたら、「スタート」部分が抜けていることに気づきボー然。
いえ、マリンダイビングWeb内にはそういう特集もあるのだが、灯台下暗しとはまさにこのことか!
ということで、夏に向かってダイビングを始めたい方に、ぜひ読んでいただきたいダイビングスタート術をご紹介しよう。

ダイバーになるためには講習を受けよう

ダイビングは誰にでもできる。
心肺の持病がある方をはじめ、いくつかの病気や症状がある方には難しいけれど、10歳以上のお子さまから上は何歳まででもダイバーになる道は開けている。 (40歳以上もしくは50歳以上の方には健康診断書が必要になる場合も)。 目の見えない方や耳の聞こえない方、四肢が自由にならない方なども楽しんでいる。

では、どうすればダイビングが楽しめるのだろう?
一つは「体験ダイビング」と呼ばれる、まさに“ダイビングを体験する”コースがある。

この場合、ダイビングはできるけれど、その後またダイビングをしてみたいと思ったときにはインストラクターのもとで「体験ダイビング」に参加することになる。 (ダイビングスクールによっては、体験ダイビングに何回か参加したことを証明するものを持っていれば次に、ダイビング講習を受けるときに実技の一部が免除になる場合もある)。

でも、ダイビングのスキルや知識を身に付けて、“一人前のダイバー”として認めてもらうためには“オープンウォーターダイバー”クラスの「ダイビング講習」「Cカード講習」と呼ばれる講習を受ける必要があるのだ。

講習を開催するのはダイビングインストラクターなのだが、ダイビングインストラクターは、ダイビングショップやダイビングサービスに所属していて、実際にはそうしたショップやサービスがダイビング講習を開催している。

つまり・・・ダイビングを始めるには、ダイビングショップ、ダイビングサービスを選んで、講習を予約することが先決だ。

ダイビングショップ、ダイビングサービス選びにはこちらのサイトが便利です!

http://www.marinediving.com/start_diving/padi/

http://www.marinediving.com/start_diving/ssi/

ダイバーになるための講習では何をする?

ダイバーになるためのダイビング講習では、大きく分けて3つのコースを修了することになる。

1 学科講習

1学科講習

2 プール講習

2プール講習

3 海洋実習

3海洋実習

以上の3つを最低でも3日間、通常は4~5日間かけて受けるのだが、一気にまとめて受講してもいいし、土日を2~3回使ってもいいし、平日の夜、何日間かに分けて学科講習をして土日でプール講習&海洋実習というのでもいいかもしれない。
講習のスタイルはいろいろあるので、ダイビングショップに相談しよう。

それにしても「学科講習」と聞いただけでつまずく人もいるようだが、内容は、小学生から中学生レベルの教科書程度で、わからないことがあっても、インストラクターがわかるまで教えてくれるから大丈夫。

逆に、生物のことや器材のことなど、探究したい人には奥の深いテーマもあり、知識欲を掻き立てる部分が大いにあるのも、ダイビングの魅力でもあるのだが・・・。

「プール講習」も、プール=水泳と思われがちだが、ダイビング講習の場合のプール講習は、器材のセッティング方法から水中での使い方、潜り方や水中でのバランスのとり方などを学ぶため、水泳とはまったく違って、実際には泳ぎが苦手な方でもバッチリできてしまうほど。 また、できないことは学科講習と同じく、何度でも繰り返して練習することができるので、ここで挫折する人はほとんどいないのが現状。

そして「海洋実習」。
これはプール講習で練習したことを、実際の海で実践する場。
プール講習でしっかり基本スキルを身に付けておけば、すんなりとできる人が多い。

もちろん、うまくできない人は、インストラクターが繰り返し教えてくれるので、ダイビングをするための基本的なスキルを海でもできるようになるはずだ。

ダイビング講習、Cカード講習というのは、一人前のダイバーとして、インストラクターがいないところでも潜れるようになるためにダイビングの知識とスキルを身に付けるためのもの。 どうせ始めるなら、しっかり教えてくれる、信頼のあるインストラクターやダイビングショップ、ダイビングサービスで習いたい。

Cカードって何?

Cカード協議会に加盟しているダイビング指導団体のCカード

今回の連載タイトルは敢えて「Cカード講習」としたのだが、ダイビングを始めようと思った人に“Cカード”なんて言っても、わからないのが当然だ。

Cカードというのは
Certification Card
のことで、ダイビングの指導団体(教育団体ともいう)がダイビング講習を受けた人に、その講習を修了したことを証明、発行する“認定証”のこと。

インストラクターコースを修了した人に認定するカードだってCカードではあるのだが、日本でも海外でも、「Cカードを持ってる?」と聞かれる場合は、レジャーダイバーとして最低限の講習=オープンウォーターまたは同等のクラスの講習を修了したことを認める認定証を持っているか?という意味なのだ。

このCカードを持っている=ダイビング講習を修了したということで世界のどこにでも潜りに行けるようになるというわけだ。

ただし、近年はオープンウォーター講習では水深18mまでの範囲でのダイビングができるよう講習しただけであって、それ以上潜る場合は、ディープダイビングスペシャルティというスペシャルティコースを受ける必要があったり、それらを含め、18m以深でも潜るスキルを学ぶ「アドヴァンスド」講習を受ける必要があったりする。 オープンウォーターだけでなく、その先もステップアップしておくと、ダイビングの世界はもっと広がるのだ。

皆さん、ぜひ講習を受けてCカードを取得して、人生が変わるほど楽しいダイビングの世界へ跳び込んでみてください。

次回更新予定日 2016年6月15日

第28回 スノーケリングのお作法

トップページへ戻る

バックナンバー

当たり前のことができるダイバーになる!
定価1000円で絶賛発売中!

新刊『DIVINGスタート&
スキルアップBOOK2016』
耳ぬき、中性浮力、潜降 を攻略
ダイバーになるためのノウハウからレスキュー
器材選びまで全力紹介!!
詳しくはこちら
フィッシュウォッチング500

関連書籍Book concerned

DIVING スタート&スキルBOOK

DIVING スタート&スキルBOOK

「マリンダイビング」最新号

「マリンダイビング」最新号

「LaSCUBA」最新号

「LaSCUBA」最新号

スクーバダイビング読ん得ガイド

スクーバダイビング読ん得ガイド

上手くなる!水中写真

上手くなる!水中写真

フィッシュウォッチング500

フィッシュウォッチング500

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • おすすめダイビングツアー
  • 海のBooks&Goods
  • メルマガ登録解除
  • 海を守ろう 考えよう
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

Present今月のプレゼント