ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram

STOP! 潜水事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
STOP! 潜水事故

ダイビングに限らず事故はつきものではあるが、最初から最後まで何事もなく安全に楽しめてこそ、本当のレジャー。
ダイビングの場合、潜水事故というと死に至るケースも少なくない。
そして多くの人が「他人事」と思っているフシもあるけれど、ふとした気の緩みやちょっとしたケアレスミスで潜水事故が起こることも。 明日はわが身。 もう一度基本を振り返る意味でも、ぜひこの連載を参考にしていただきたい。

CASE紹介

CASE 42 水中で意識朦朧に

CASE42 浮上後、意識朦朧に

CASE41 タンクのバルブ開け忘れ

CASE 40 潜降中に行方不明

CASE 39 咳き込んで海水を飲み、パニックに

CASE 38 ダイビング中、低体温症に

CASE 37 カメラが岩に挟まってエア切れに

CASE 36 ダイビング中に天候急変、浮上後流される

CASE 35 フリーフローと溺れ

CASE 34 1月の海で減圧症

CASE 33 撮影に夢中になりエア切れ

CASE 32 エアの早い友達を先に上げてダイビングを続行し、漂流

CASE 31 ドライスーツ着用でパニックに

CASE 30 フィッシュウオッチング中にパニックに

CASE 29 ダイビング中に気分が悪くなり病院搬送

CASE 28 エア切れで漂流

CASE 27 海洋実習中、海水を飲み込み、死亡

CASE 26 BCに空気が入らずパニックに!

CASE 25 6月、北の海で70代女性が意識不明に

CASE 24 マスクに海水が浸入して大パニック!

CASE 23 水深40mを潜り、減圧症の疑い

CASE 22 BCに空気が入りっぱなしになり急浮上

CASE 21 浮上したら係留していた船がいない!

CASE 20 水深35mでパニックに

CASE 19 残圧がなくなり一人で浮上し、死亡

CASE 18 ナイトダイビングで帰らぬ人に

CASE 17 フリーフローでエア切れに

CASE 16 レギュレータークリアに失敗して・・・

CASE 15 ロープ潜降で1人行方不明に

CASE 14 初めてのダイビングでパニック

CASE 13 一人セルフダイブで帰らぬ人に

CASE 12 ボートダイビングで移動中に骨折

CASE 11 ダウンカレントにつかまり気づけば-40m超

CASE 10 エアがない!→パニックに

CASE 9 ダイビング中に心停止

CASE 8 海中で咳込んでパニック→急浮上

CASE 7 浮上後、体が痺れて目の前が真っ暗に

CASE 6 ボートから逆に流され13時間漂流

CASE 5 エアがなくなったダイバーに突然レギュを奪われパニック

CASE 4 水中で迷子になり、死亡

CASE 3 持病を隠して潜水中、突然の体調不良で失神

CASE 2 マスククリアができずパニック!

CASE 1 ダイビング中に息苦しくなり意識不明に

CASE 43 うねりで顔面強打:次回更新予定日 2016年10月26日

CASE7 浮上後、体が痺れて目の前が真っ暗に

原因今回の潜水事故の原因

  • バディ不遵守
  • 身体拘束
  • 監視不十分
  • 器具の不備・取り扱い不注意
  • 体調の不注意
  • 技量の未熟
  • 気象・海象の不注意
  • エア確認不注意
  • その他

 友達と2人で潜りに行ったDさん。2本目のダイビングを終えた後に、体調に変化を覚え、友達に相談。「休憩時間を十分にとれば大丈夫だろう」と判断し、午後、3本目のボートダイビングへ。水面に浮上後、Dさんは全身に痺れを覚え、気づけば目の前が真っ暗になって意識消失。すぐにボートに引き揚げられ、CPRを施され、要請した救急車で病院へ搬送された。
 診察の結果、減圧症と診断され、入院。
 ちなみに、Dさんはギリギリではあったが、無減圧潜水時間範囲内ですべて潜っていた。

原因直接の原因:体調の不注意、実施中の活動に対する不注意

対処法

 減圧症を防ぐために開発されたダイブコンピュータだが、無減圧潜水時間を守ったとしても、例えば最初に浅く潜り、後半に深く潜るといった、セオリーと逆の潜り方をしたり、浮上速度が速かったりするだけで、体に大きな負担はかかってくる。また、体には個人差があり、また日によって体調の良しあしもあるため、他の人はまったく問題がないのにその人だけ減圧症になるということも希にある。
 Dさんの場合、2本目のダイビングを終えた段階で既に減圧症になっていたのではないかと考えられる。だが、3本目を無理
して入り、症状が悪化し、減圧症が露出するに至ったのだろう。

【無理はしない。止める勇気を】

→今回、Dさんは2ダイブ目が終わった後、ガイドには相談せず、バディと話した上での判断で3ダsイブ目を潜っている。減圧症の知識を持っているガイドであれば、Dさんの症状をもっと聞き出して、3ダイブ目は休ませていたかもしれない。
 せっかくの休みだからといって、少々無理をしてでも潜る方が多く、そのうちの何人かは減圧症にかかったり、その他の潜水事故を起こしたりしているの事実。そのときだけダイビングを止める勇気があれば、その先も潜れるわけだから、無理をしない。これが大事なポイントだ。

【ダイブコンピュータの数値は余裕を見て使う】

→実際のところ、筆者(編集・後藤)は仕事で潜ることも多いので、常にギリギリのライン(ときにはライン越えも)で潜ってしまうのだが、ときには「もしかして、減圧症?」な症状がダイビング後に出なくもない。あまりひどくないので、考え過ぎなのかもしれないが。

 最近のダイビングサービスでは「無減圧潜水時間は5分、必ず残して上がること」と指示しているところも多いが、その対策は間違っていないと思う。5分未満だと一気に時間は過ぎてしまうものなので(特に1分を超えた後、減圧停止が出ることの早いこと早いこと!)、5分になる前に徐々に水深を上げていくことをオススメする。

 ちなみに、「ダイブコンピュータの見方がわからない!」というダイバーが驚くほど多い。せめて無減圧潜水時間(NDL)だけでもわかっていれば、減圧症にかかる率は限りなく低くなるはずだ。

【減圧症を疑ったら、すぐに医者に相談】

→月刊『マリンダイビング』で連載中の山見信夫先生もおっしゃっているが、減圧症かなと思ったら、すぐにダイビングのことがわかる医師に相談を! 山見信夫先生に直接メール相談をしてもいいし(→「ドクター山見 公式ウェブサイト ダイビング医学」)、「DAN JAPAN」の会員の方は、DDNETを利用して、至近の医療施設を探してもらうことも可能。
 Dさんの場合は、救急だったため、すぐ医療施設に搬送され、再圧チャンバーにも入れたようで、生命に関わるようなことはなかったが、早い診療であれば、減圧症の後遺症に悩まされることもない。とにかくすぐに医者に相談を!

お知らせ

「STOP! 潜水事故」の読者の皆さま
事故に遭わない方法、事故に対面したときの対処法がズラリ!

『潜水事故から学ぶ 安全マニュアル100』絶賛発売中!

定価2,160円(税込み)
100の事例をご紹介!

こちらからご購入できます→マリンダイビングSHOP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • おすすめダイビングツアー
  • 海のBooks&Goods
  • メルマガ登録解除
  • 海を守ろう 考えよう
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

Present今月のプレゼント