ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram

STOP! 潜水事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
STOP! 潜水事故

ダイビングに限らず事故はつきものではあるが、最初から最後まで何事もなく安全に楽しめてこそ、本当のレジャー。
ダイビングの場合、潜水事故というと死に至るケースも少なくない。
そして多くの人が「他人事」と思っているフシもあるけれど、ふとした気の緩みやちょっとしたケアレスミスで潜水事故が起こることも。 明日はわが身。 もう一度基本を振り返る意味でも、ぜひこの連載を参考にしていただきたい。

CASE紹介

CASE 42 水中で意識朦朧に

CASE42 浮上後、意識朦朧に

CASE41 タンクのバルブ開け忘れ

CASE 40 潜降中に行方不明

CASE 39 咳き込んで海水を飲み、パニックに

CASE 38 ダイビング中、低体温症に

CASE 37 カメラが岩に挟まってエア切れに

CASE 36 ダイビング中に天候急変、浮上後流される

CASE 35 フリーフローと溺れ

CASE 34 1月の海で減圧症

CASE 33 撮影に夢中になりエア切れ

CASE 32 エアの早い友達を先に上げてダイビングを続行し、漂流

CASE 31 ドライスーツ着用でパニックに

CASE 30 フィッシュウオッチング中にパニックに

CASE 29 ダイビング中に気分が悪くなり病院搬送

CASE 28 エア切れで漂流

CASE 27 海洋実習中、海水を飲み込み、死亡

CASE 26 BCに空気が入らずパニックに!

CASE 25 6月、北の海で70代女性が意識不明に

CASE 24 マスクに海水が浸入して大パニック!

CASE 23 水深40mを潜り、減圧症の疑い

CASE 22 BCに空気が入りっぱなしになり急浮上

CASE 21 浮上したら係留していた船がいない!

CASE 20 水深35mでパニックに

CASE 19 残圧がなくなり一人で浮上し、死亡

CASE 18 ナイトダイビングで帰らぬ人に

CASE 17 フリーフローでエア切れに

CASE 16 レギュレータークリアに失敗して・・・

CASE 15 ロープ潜降で1人行方不明に

CASE 14 初めてのダイビングでパニック

CASE 13 一人セルフダイブで帰らぬ人に

CASE 12 ボートダイビングで移動中に骨折

CASE 11 ダウンカレントにつかまり気づけば-40m超

CASE 10 エアがない!→パニックに

CASE 9 ダイビング中に心停止

CASE 8 海中で咳込んでパニック→急浮上

CASE 7 浮上後、体が痺れて目の前が真っ暗に

CASE 6 ボートから逆に流され13時間漂流

CASE 5 エアがなくなったダイバーに突然レギュを奪われパニック

CASE 4 水中で迷子になり、死亡

CASE 3 持病を隠して潜水中、突然の体調不良で失神

CASE 2 マスククリアができずパニック!

CASE 1 ダイビング中に息苦しくなり意識不明に

CASE 43 うねりで顔面強打:次回更新予定日 2016年10月26日

CASE15 ロープ潜降で1人行方不明に

原因今回の潜水事故の原因

  • バディ不遵守
  • 身体拘束
  • 監視不十分
  • 器具の不備・取り扱い不注意
  • 体調の不注意
  • 技量の未熟
  • 気象・海象の不注意
  • エア確認不注意
  • その他

 7月のある週末、ダイビングショップが主催するダイビングツアーに参加したLさん(30代女性)。人数構成はダイビングショップのインストラクターが2名、ゲストが10名の合計12名。

 当日は南からの潮流が入り込んでいたため、ブリーフィングでロープ潜降をすること、ロープ下の水深18mで集合すること、などを打ち合わせた。チーフインストラクターが最初に潜降、水深18mで順次潜降してくるゲストを待ち受け、最後にもう一人のインストラクターが潜降したので、人数を確認したところ、7番目にエントリーしたはずのLさんが見当たらない。 全員で浮上し、インストラクター2人で付近の海面、海中を探したが、Lさんは依然見つからず、船に上がり、海上保安庁に救助を要請した。
 ほかのゲストにLさんの行動を確認したところ、Lさんのすぐ後にエントリーしたゲストが、「Lさんはロープを使わずに潜降していたように記憶している」と述べている。

 結局海上保安庁の捜索もむなしく、行方不明のまま。

対処法

「ロープ潜降をしてロープ下に集合!」と事前に説明されていながらも、実際に潜降してみたら、流れはそんなになく、ロープを使わなくても潜降できそうな海に見えることがある。ロープ潜降していると前のダイバーがもたついていた、足をバタバタさせていたりして自分に危害が及びそう……と、ロープから手を離して自力で集合場所へ行こうとする人も。単にロープにつかまるよりヘッドファーストで潜降しちゃったほうがラクだし速いと、言われたことを守らずにフリー潜降してしまうダイバー、特にベテランダイバーも少なくない。
 ダイビングインストラクターが事前に「ロープを使って潜降すること」と言うのには、ちゃんとした理由がある。水面では流れていなくても、下のほうでうねりが入ってくる海況だったり、その逆だったり。ましてや2人のインストラクターがいるとはいえ、ダイビングショップのインストラクターにしてみれば、常に潜っている海ではないので、10人のゲストを連れていくのであれば、安全策を取るのは当たり前のことだ。

 つまり、この行方不明事故の最大の原因は、Lさんの身勝手な行動。ロープ潜降をしてなかったようだという証言がある以上、やはりLさんの過失は大きい。
 おそらくロープを使わなくても自分はしっかりと潜降できるという自信がどこかにあったのではないだろうか。

 ただ"死人に口なし"という言葉もあるように、行方不明でいなくなってしまったLさんが本当はどんな行動をしたのかは、実際のところは確証がない。後ろで潜っていた人も「Lさんがロープを使わずに潜降していたように記憶している」と言っているように、確かに見たというわけではないからだ。もしかしたら、ロープ潜降をしたものの、潜降をした後にいなくなった可能性も捨てがたい。

 が、Lさんの後ろを潜っていたゲストの記憶を信じるならば、ロープ潜降をすべきところでせずにLさんは流れにもっていかれてしまった。
 このとき、バディシステムが機能していなかったことも大きな原因のひとつ。
 バディが一緒に潜っていれば、二人で何とかロープに戻ることもできたかもしれないし、流されてしまって二人で浮上すれば早急に見つかったかもしれない。でも、グループで潜っていたために、この場合は、ゲスト一人一人にインストラクターに見ていてもらえば安心、といった心があったのではないかと察せられる。

 以上の理由から、私たちが改めて気をつけたいのは・・・
1) 自分のスキルを過信しない。
2) インストラクターの指示は守る。
3) バディシステムは守る。ガイド(インストラクター)が命を守ってくれるわけではない。

の3つの事柄。
 この夏、ダイビングに出かける方もとても多いと思う。基本を守れば楽しいダイビング。ベテランの方も今一度、初心に戻って、安全第一でダイビングを楽しんでいただきたい。

お知らせ

「STOP! 潜水事故」の読者の皆さま
事故に遭わない方法、事故に対面したときの対処法がズラリ!

『潜水事故から学ぶ 安全マニュアル100』絶賛発売中!

定価2,160円(税込み)
100の事例をご紹介!

こちらからご購入できます→マリンダイビングSHOP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • おすすめダイビングツアー
  • 海のBooks&Goods
  • メルマガ登録解除
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

最新特集The special feature

Present今月のプレゼント