ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram

STOP! 潜水事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
STOP! 潜水事故

ダイビングに限らず事故はつきものではあるが、最初から最後まで何事もなく安全に楽しめてこそ、本当のレジャー。
ダイビングの場合、潜水事故というと死に至るケースも少なくない。
そして多くの人が「他人事」と思っているフシもあるけれど、ふとした気の緩みやちょっとしたケアレスミスで潜水事故が起こることも。 明日はわが身。 もう一度基本を振り返る意味でも、ぜひこの連載を参考にしていただきたい。

CASE紹介

CASE 42 水中で意識朦朧に

CASE42 浮上後、意識朦朧に

CASE41 タンクのバルブ開け忘れ

CASE 40 潜降中に行方不明

CASE 39 咳き込んで海水を飲み、パニックに

CASE 38 ダイビング中、低体温症に

CASE 37 カメラが岩に挟まってエア切れに

CASE 36 ダイビング中に天候急変、浮上後流される

CASE 35 フリーフローと溺れ

CASE 34 1月の海で減圧症

CASE 33 撮影に夢中になりエア切れ

CASE 32 エアの早い友達を先に上げてダイビングを続行し、漂流

CASE 31 ドライスーツ着用でパニックに

CASE 30 フィッシュウオッチング中にパニックに

CASE 29 ダイビング中に気分が悪くなり病院搬送

CASE 28 エア切れで漂流

CASE 27 海洋実習中、海水を飲み込み、死亡

CASE 26 BCに空気が入らずパニックに!

CASE 25 6月、北の海で70代女性が意識不明に

CASE 24 マスクに海水が浸入して大パニック!

CASE 23 水深40mを潜り、減圧症の疑い

CASE 22 BCに空気が入りっぱなしになり急浮上

CASE 21 浮上したら係留していた船がいない!

CASE 20 水深35mでパニックに

CASE 19 残圧がなくなり一人で浮上し、死亡

CASE 18 ナイトダイビングで帰らぬ人に

CASE 17 フリーフローでエア切れに

CASE 16 レギュレータークリアに失敗して・・・

CASE 15 ロープ潜降で1人行方不明に

CASE 14 初めてのダイビングでパニック

CASE 13 一人セルフダイブで帰らぬ人に

CASE 12 ボートダイビングで移動中に骨折

CASE 11 ダウンカレントにつかまり気づけば-40m超

CASE 10 エアがない!→パニックに

CASE 9 ダイビング中に心停止

CASE 8 海中で咳込んでパニック→急浮上

CASE 7 浮上後、体が痺れて目の前が真っ暗に

CASE 6 ボートから逆に流され13時間漂流

CASE 5 エアがなくなったダイバーに突然レギュを奪われパニック

CASE 4 水中で迷子になり、死亡

CASE 3 持病を隠して潜水中、突然の体調不良で失神

CASE 2 マスククリアができずパニック!

CASE 1 ダイビング中に息苦しくなり意識不明に

CASE 43 うねりで顔面強打:次回更新予定日 2016年10月26日

CASE9 ダイビング中に心停止

原因今回の潜水事故の原因

  • バディ不遵守
  • 身体拘束
  • 監視不十分
  • 器具の不備・取り扱い不注意
  • 体調の不注意
  • 技量の未熟
  • 気象・海象の不注意
  • エア確認不注意
  • その他

  シニアダイバーのFさんはその日、2回目のダイビングを終え、いったんは海面に浮上してきたが、再び水中へ没してしまった。水深16㍍の海底で仰向けに倒れているところを、一瞬Fさんを見失ったインストラクターが発見、Fさんを引き揚げた。このときFさんは心肺停止状態だったが、船上ですぐにCPRを施し、医療機関に搬送され、助かった。

原因直接の原因:加齢による体調の変化

対処法

 Fさんは発見されるのも早く、CPRもすぐに行なってもらえたので、運良く命をとりとめたが、こういったケースで死亡に至ることも過去に何件もある。どうすれば突然の体調変化による事故を回避できるのだろう?
 実際、このタイプの潜水事故が近年増えているように思う。原因がわからないことが多いのだが、ひとつには加齢による体調の変化ということが挙げられると思う。昔は何事もなく安全に潜れていたのに、加齢によって体力、心肺機能などが衰え、昔と同じ条件でも体がついていかないということは大きいのではないだろうか?
 でも、今日多くの"シニアダイバー"と呼ばれる方々がダイビングを楽しんでいるのも事実。シニアダイバーの方々のダイビングに対する心構えも参考になるのではないだろうか。

【体調管理】

 月刊『マリンダイビング』の連載「何歳からでもダイビングはできる!」で毎回、シニアダイバーの方にご登場いただいて、その方のダイビングの楽しみ方や普段から気を付けていることをお伺いしている。皆さんのヒストリーやダイビング話がおもしろくて、お伺いしたことのすべてを誌面にするのは非常に難しいのだが、皆さんが口々に言うのは「昔みたいに"できる"と思っても、実際はできなくなってきている」ということ。そのためにプールやジムに通って、普段から体力をつけている方も少なくない。が、「実際はほとんど何もしていない」という方も多い。ただ後者の方に掘り下げて聞いてみると、普段から体をよく動かしている。特によく歩いているように感じられる。
 歩くということは、障害やケガ、心臓関連の病気などがない限りは誰もができること。普段よりもちょっと長めに歩くことで、知らず知らずに体力もつけられるはずだ。ぜひ皆さんも普段から意識して、今までよりも多めに歩くようにしてはいかがだろう。

【ダイビングのエネルギー消費は意外に大きい】

 ダイビングで痩せる。
 というと、皆さんは「信じられない」「そんなことはない」と思うかもしれない。が、一説にはダイビングのエネルギー消費量は、体重50kgの人で1ダイブ(約40分)約250kcalといわれている。これはエアロビクスを40分間したときとほぼ同じか、それ以上の数値。普通は1日2ダイブ以上はするので、一日のエネルギー消費量はかなりのものになる。
 実際、ダイビングを終えると「疲れた」と心地よい疲労感を感じる人も多いと思う。だが、体力がない人にとっては、心地よいどころの話ではないはずだ。加齢によって、ダイビング後の疲れが大きくなってくるのは当たり前。 今まで1日3本潜っていた人は2本にしておく、とか、水面休息はたっぷりとる、など対策を練ったほうがいいだろう。インストラクターやガイド側にもダイバーの疲労度を考慮したスケジューリングをぜひお願いしたいところだ。

【寒さ対策】

 四季のある日本では、冬場の水温の低さはハンパではない。朝起きて、水で顔を洗うのもいやになってくるほど水道は冷たくなるが、海水温も似たようなもの。でも、この季節の透明度の良さ、冬場ならではの生き物など、ダイビングも捨てがたい。
 だが、いきなり冷たい水温の水中に入るのは体にはかなり負担がかかる。寒さのあまり血管が収縮して血液が流れなくなって心筋梗塞に至る可能性も。
 ドライスーツと温かいインナーを着用したり、フードベストやグローブなどを着用するなど、寒さ対策を万全にして潜るようにしよう。
 以上のように、無理なくゆとりのあるダイビングスケジュール、体力づくり、防寒・・・と、普段から心がけておくことと、当日気を配るべきことなど、突然の体調変化をきたさないためにしておくべきことはいろいろある。もちろん、健康診断も定期的に受けるのを忘れずに!

お知らせ

「STOP! 潜水事故」の読者の皆さま
事故に遭わない方法、事故に対面したときの対処法がズラリ!

『潜水事故から学ぶ 安全マニュアル100』絶賛発売中!

定価2,160円(税込み)
100の事例をご紹介!

こちらからご購入できます→マリンダイビングSHOP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • おすすめダイビングツアー
  • 海のBooks&Goods
  • メルマガ登録解除
  • 海を守ろう 考えよう
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

Present今月のプレゼント