ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Marine Diving web

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE

STOP! 潜水事故
CASE91 浮上後、大波でパニックに

CASE91 浮上後、大波でパニックに

ダイビングに限らず事故はつきものではあるが、最初から最後まで何事もなく安全に楽しめてこそ、本当のレジャー。 ダイビングの場合、潜水事故というと死に至るケースも少なくない。 そして多くの人が「他人事」と思っているフシもあるけれど、ふとした気の緩みやちょっとしたケアレスミスで潜水事故が起こることも。 明日はわが身。 もう一度基本を振り返る意味でも、ぜひこの連載を参考にしていただきたい。

ダイビングの始め方徹底ガイド(大) 潜水事故に学ぶ安全マニュアル100(大)

CASE91 浮上後、大波でパニックに

今回の潜水事故の原因

  • バディ不遵守
  • 身体拘束
  • 監視不十分
  • 器具の不備・取り扱い不注意
  • 体調の不注意
  • 技量の未熟
  • 気象・海象の不注意
  • エア確認不注意
  • その他

インストラクター2名、ゲスト10名の計12名でボートダイビングへ。
2
ダイブ目のダイビング中に、事故者の残圧が少なくなったため、インストラクターが事故者について一緒に浮上。水面に出たところで大波が来て事故者が思いっきり波をかぶってしまい、大量に海水を飲み込みパニックに。さらに意識が遠のいていったので、急いでボートに引き揚げ、CPRを開始。命に別状はなかった。

直接の原因溺水

対処法

浮上したところに大波が来て海水を飲み込んでしまったため、パニックに……という点に最大の問題点が2つあると思われる。
まずはじめの1点。
浮上して海水を飲み込んだということは、大波でレギュレーターが外れてしまったのか、それとも浮上してレギュレーターを外したところに大波が来てしまったのか。
これはあくまでも想像でしかないが、残圧が少なくなったダイバーが浮上したら、水面でレギュを外して、呼吸を整えようとする、という流れが大半なのではないだろうか。つまり後者だと考えて話を進めると、浮上後、レギュレーターを外してスノーケルにくわえ直すと、ダイビング講習で教わる。でも、スノーケルを付けていない場合はレギュレーターはくわえたまま、また波が高い場合もレギュレーターをくわえたまま、とも教わるはずだ。なので、浮上して波が来たから海水を大量に飲んだというのは、本来ならあるはずがない。
浮上して波があるかどうかを確認するまでは、レギュを外さない。そうすればむやみに海水を飲むこともない。
また大波でレギュレーターが外れてしまった場合についても、一応対処法を。大波でなくても、水面ではふとした瞬間にレギュが外れてしまうことはある。そのときに、すぐにリカバリーできるように、水面ではセカンドステージに手を添えておくとか、とっさにスノーケルをくわえられえるように手を添えておくなどする。そして、海水を飲み込まないように、レギュが外れた瞬間は息を止める。これを普段のダイビングでも練習しておくといいだろう。

次にパニックに陥ってしまったことも、問題点。
突然波が来てびっくり、さらに海水を飲み込んでしまってびっくり、という不幸(驚き)が連続して瞬時に起きて、冷静さが保てなくなったのだと思うけれど、ダイビング中に海況が激変することだって起こり得るし、海水を飲んでしまうことだって起こり得る。こうしたことをあらかじめ想定しておくことで、冷静に対処できるようになるのではないだろうか。 トラブルや事故の対処法で最も重要なのは、いろいろなシチュエーションでいろいろな事故が起こるかもしれないという可能性を知り、対策を立てておくこと。そうすれば何が起きても、落ち着いてパニックを起こさないで対処できるはず。そういう意味でもこうした潜水事故の記事を読んで、知識として身につけておいていただきたい。

次回更新予定日 2020年11月18日

CASE92 顔色が悪かったのにダイビングを開始

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE
トップページへ戻る
ダイビングの始め方徹底ガイド(大) 潜水事故に学ぶ安全マニュアル100(大)

バックナンバー

関連書籍Book concerned

DIVING スタート&スキルアップ 2021

DIVING スタート&スキルアップ 2021

マリンダイビング最新号

マリンダイビング最新号

潜水事故に学ぶ 安全マニュアル100

潜水事故に学ぶ 安全マニュアル100

新しい潜水医学

新しい潜水医学

事故を起こさないための潜水医学

事故を起こさないための潜水医学

レンジャーダイバーのための潜水医学

レンジャーダイバーのための潜水医学