ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram

STOP! 潜水事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
STOP! 潜水事故

ダイビングに限らず事故はつきものではあるが、最初から最後まで何事もなく安全に楽しめてこそ、本当のレジャー。
ダイビングの場合、潜水事故というと死に至るケースも少なくない。
そして多くの人が「他人事」と思っているフシもあるけれど、ふとした気の緩みやちょっとしたケアレスミスで潜水事故が起こることも。 明日はわが身。 もう一度基本を振り返る意味でも、ぜひこの連載を参考にしていただきたい。

CASE紹介

CASE 42 水中で意識朦朧に

CASE42 浮上後、意識朦朧に

CASE41 タンクのバルブ開け忘れ

CASE 40 潜降中に行方不明

CASE 39 咳き込んで海水を飲み、パニックに

CASE 38 ダイビング中、低体温症に

CASE 37 カメラが岩に挟まってエア切れに

CASE 36 ダイビング中に天候急変、浮上後流される

CASE 35 フリーフローと溺れ

CASE 34 1月の海で減圧症

CASE 33 撮影に夢中になりエア切れ

CASE 32 エアの早い友達を先に上げてダイビングを続行し、漂流

CASE 31 ドライスーツ着用でパニックに

CASE 30 フィッシュウオッチング中にパニックに

CASE 29 ダイビング中に気分が悪くなり病院搬送

CASE 28 エア切れで漂流

CASE 27 海洋実習中、海水を飲み込み、死亡

CASE 26 BCに空気が入らずパニックに!

CASE 25 6月、北の海で70代女性が意識不明に

CASE 24 マスクに海水が浸入して大パニック!

CASE 23 水深40mを潜り、減圧症の疑い

CASE 22 BCに空気が入りっぱなしになり急浮上

CASE 21 浮上したら係留していた船がいない!

CASE 20 水深35mでパニックに

CASE 19 残圧がなくなり一人で浮上し、死亡

CASE 18 ナイトダイビングで帰らぬ人に

CASE 17 フリーフローでエア切れに

CASE 16 レギュレータークリアに失敗して・・・

CASE 15 ロープ潜降で1人行方不明に

CASE 14 初めてのダイビングでパニック

CASE 13 一人セルフダイブで帰らぬ人に

CASE 12 ボートダイビングで移動中に骨折

CASE 11 ダウンカレントにつかまり気づけば-40m超

CASE 10 エアがない!→パニックに

CASE 9 ダイビング中に心停止

CASE 8 海中で咳込んでパニック→急浮上

CASE 7 浮上後、体が痺れて目の前が真っ暗に

CASE 6 ボートから逆に流され13時間漂流

CASE 5 エアがなくなったダイバーに突然レギュを奪われパニック

CASE 4 水中で迷子になり、死亡

CASE 3 持病を隠して潜水中、突然の体調不良で失神

CASE 2 マスククリアができずパニック!

CASE 1 ダイビング中に息苦しくなり意識不明に

CASE 43 うねりで顔面強打:次回更新予定日 2016年10月26日

CASE 22 BCに空気が入りっぱなしになり急浮上

原因今回の潜水事故の原因

  • バディ不遵守
  • 身体拘束
  • 監視不十分
  • 器具の不備・取り扱い不注意
  • 体調の不注意
  • 技量の未熟
  • 気象・海象の不注意
  • エア確認不注意
  • その他

事故者は仲間4名とともに冬の流氷ダイビングを開始。エントリー直後、なんらかの原因によりBC内に空気が入りっぱなしになり急浮上。流氷に背を当ててもがいているところを仲間のダイバーが発見。すぐに氷上に引き揚げた。事故者の意識がなかったため、仲間が人工呼吸を実施し、その後病院に搬送され入院。後遺症はなく退院できた。

原因直接の原因:事前のチェックミス、対処の遅れ

対法処

 流氷ダイビングという特殊な環境でのダイビングには、通常のダイビングより余計に事前の準備、チェックが必要となる。
 寒冷地でのダイビングとなるため、身体の自由がききにくくなることもないとは限らない。事故者のようにダイビング器材に不具合があったときにすぐに対処できないことも考えられるからだ。

 気心が知れた仲間とダイビングということで、いつもと同じようなスタンスでダイビングに臨んではいなかったか。ダイビング前に念入りに器材チェックをしたか。実際にエアを通してみて、レギュレーターやBCのインフレーターに問題がないかどうかチェックしただろうか。ドライスーツのチェックはどうだったか。

 流氷ダイビングには凍結しないレギュレーターを使用する必要があるが、同じようにBCのインフレーター、ドライスーツの給排気口も寒冷地対応のものでなければならない。
 寒冷地仕様の器材を使って、なおかつダイビング直前に実際に空気を出し入れしてチェックして初めてエントリーが可能となる。

 事故者は入院したものの、無事に退院できたことが唯一の救いではあるが、楽しかったはずの流氷ダイビングツアーが台無しになったことも事実。仲間の幸せを考えたら、一人一人が責任を持って器材を準備し、チェックをしなければいけない。

 もうひとつ。

 バディシステムで潜るということは、バディに何かあったときにすぐに助けられる距離にいなければならない。でも、実際にはバディダイビングといっても、すぐに手の届く範囲にいるダイバーは意外に希なのではないだろうか。見える範囲にいればいいといったスタイルだと、こうした場合に対処が遅れることになる。

 もし手の届く範囲で潜っていたら、バディが急浮上したときにすぐに追いかけて、インフレーターホースを外してあげたり、BCの排気をしたりすることができたのではないだろうか。少なくとも流氷に背を当ててもがくという事態にまで陥らなかったのではないだろうか(流氷ダイビングなので、水深が浅く、追いつけなかったのかもしれないけれど)。

 ここまで読んでいただいた方は、「基本どおりのことをすれば良かったのでは」という結論が見えてきたのでは?  そう、ダイビングは準備からダイビング中の潜り方まで、基本どおりにすれば安全に潜れるものなのだ。たとえそれが流氷ダイビングでも。

 基本に戻って、皆さんダイビングを楽しんでくださいね。
 これから流氷ダイビングに出かける方は特に事前の準備、チェックを確実に!

お知らせ

「STOP! 潜水事故」の読者の皆さま
事故に遭わない方法、事故に対面したときの対処法がズラリ!

『潜水事故から学ぶ 安全マニュアル100』絶賛発売中!

定価2,160円(税込み)
100の事例をご紹介!

こちらからご購入できます→マリンダイビングSHOP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • マリンダイビングフェア2019
  • MDShop Amazon
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • おすすめダイビングツアー
  • 海のBooks&Goods
  • メルマガ登録解除
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

最新特集The special feature

Present今月のプレゼント