ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram

STOP! 潜水事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
STOP! 潜水事故

ダイビングに限らず事故はつきものではあるが、最初から最後まで何事もなく安全に楽しめてこそ、本当のレジャー。
ダイビングの場合、潜水事故というと死に至るケースも少なくない。
そして多くの人が「他人事」と思っているフシもあるけれど、ふとした気の緩みやちょっとしたケアレスミスで潜水事故が起こることも。 明日はわが身。 もう一度基本を振り返る意味でも、ぜひこの連載を参考にしていただきたい。

CASE紹介

CASE 42 水中で意識朦朧に

CASE42 浮上後、意識朦朧に

CASE41 タンクのバルブ開け忘れ

CASE 40 潜降中に行方不明

CASE 39 咳き込んで海水を飲み、パニックに

CASE 38 ダイビング中、低体温症に

CASE 37 カメラが岩に挟まってエア切れに

CASE 36 ダイビング中に天候急変、浮上後流される

CASE 35 フリーフローと溺れ

CASE 34 1月の海で減圧症

CASE 33 撮影に夢中になりエア切れ

CASE 32 エアの早い友達を先に上げてダイビングを続行し、漂流

CASE 31 ドライスーツ着用でパニックに

CASE 30 フィッシュウオッチング中にパニックに

CASE 29 ダイビング中に気分が悪くなり病院搬送

CASE 28 エア切れで漂流

CASE 27 海洋実習中、海水を飲み込み、死亡

CASE 26 BCに空気が入らずパニックに!

CASE 25 6月、北の海で70代女性が意識不明に

CASE 24 マスクに海水が浸入して大パニック!

CASE 23 水深40mを潜り、減圧症の疑い

CASE 22 BCに空気が入りっぱなしになり急浮上

CASE 21 浮上したら係留していた船がいない!

CASE 20 水深35mでパニックに

CASE 19 残圧がなくなり一人で浮上し、死亡

CASE 18 ナイトダイビングで帰らぬ人に

CASE 17 フリーフローでエア切れに

CASE 16 レギュレータークリアに失敗して・・・

CASE 15 ロープ潜降で1人行方不明に

CASE 14 初めてのダイビングでパニック

CASE 13 一人セルフダイブで帰らぬ人に

CASE 12 ボートダイビングで移動中に骨折

CASE 11 ダウンカレントにつかまり気づけば-40m超

CASE 10 エアがない!→パニックに

CASE 9 ダイビング中に心停止

CASE 8 海中で咳込んでパニック→急浮上

CASE 7 浮上後、体が痺れて目の前が真っ暗に

CASE 6 ボートから逆に流され13時間漂流

CASE 5 エアがなくなったダイバーに突然レギュを奪われパニック

CASE 4 水中で迷子になり、死亡

CASE 3 持病を隠して潜水中、突然の体調不良で失神

CASE 2 マスククリアができずパニック!

CASE 1 ダイビング中に息苦しくなり意識不明に

CASE 43 うねりで顔面強打:次回更新予定日 2016年10月26日

CASE 23 水深40mを潜り、減圧症の疑い

原因今回の潜水事故の原因

  • バディ不遵守
  • 身体拘束
  • 監視不十分
  • 器具の不備・取り扱い不注意
  • 体調の不注意
  • 技量の未熟
  • 気象・海象の不注意
  • エア確認不注意
  • その他

事故者(20代男性)のほか、インストラクター2名、ゲスト2名の計5名でダイビングを開始。約10分後に最大深度40mまで潜水し、そこに約2分停止した後ゆっくり浮上を開始した。水深30m付近に来たところで事故者が右手の異常を訴えたため、インストラクターと事故者の2名で浮上を開始。水深5m付近で事故者は再び右手の異常を訴え、インストラクターの減圧指示を無視して浮上してしまった。 船上で休んでいる事故者を見ると、意識が朦朧としていたため酸素吸入の応急処置後、病院に搬送された。

原因直接の原因:減圧症に罹患した疑い、急浮上

対法処

  無茶なダイビングをしていないか?

 ダイビングインストラクター2名に対し、ゲストダイバー3名というのは、安全面では問題はないのだが、最大深度40mに行くこと自体、どうなのだろう?
 水深40mに潜るための装備、計画はしっかりしていたのだろうか? ゲストにそうしたスキルはあったのだろうか?
 公表されている事例を見ただけでは、わからない部分が多すぎて疑問があふれるように出てきてしまう。

 レジャーダイビングの最大深度は39mといわれるが、実際に空気潜水、1本のタンクで安全に楽しめるのは水深30mまでだろうと、多くのダイビングサービスや地域で最大深度を30mと決めている。つまり、それを超えるということは、それだけリスクが増えるため、十分な潜水計画、知識、準備が必要なのだ。また、ダイブコンピュータで表示される無減圧潜水時間(減圧不要限界時間)についても余裕を持って潜り、減圧停止をしなくてもすむように計画して潜る必要がある。
テックダイビングで減圧停止を前提に潜る場合も、より安全な計画が必要だ。

事故者の「右手の異常」がどの程度のものかはわからないが、しびれる、関節が痛い、感覚がない、といった減圧症ならではの症状だったとしたら、窒素が体にたまりすぎて飽和状態になり、そういう状態になったのではないかと考えられる。ただ、このダイビングが1本目であればダイブコンピュータ上で減圧停止は出ていないはずだから、減圧症になることはあまり考えられない。けれど、窒素が体の組織に溶け込んでいく速度には個人差もあるので、この事故者は窒素を取り込みやすい体質だったともいえる。

 そういう体質の方もいるから、やはりディープダイビングはリスクが高いともいえる。
 減圧症になってしまったとしても死ぬことはなく、治せばいいだけ。でも、将来もダイビングがしたいのなら、もう二度とかからないように、安全に潜ること=この事故者の場合は、深場にはいかないことを心がけよう。

 ちなみに船上で意識朦朧の事故者に酸素吸入をさせたとあるが、減圧症が疑われる場合、酸素吸入は非常に大事な応急処置。酸素を吸うことで、窒素の排出が速くなるためだ。
 沖縄県をはじめ国内のダイビングサービスでは、すぐに酸素が吸える環境を整えている船や施設が増えてきているが、ダイビングサービスを選ぶときに、応急処置用の酸素を常備しているかどうかもぜひチェックしてほしい。
 安全に対して真面目に取り組み、準備をしているダイビングサービスを選ぶことも、私たちダイバーには必要なことなのだ。安全のためにダイビング料金が高くなっている場合もあるので(逆に安くても企業努力でしっかり安全対策ができているダイビングサービスもあるかもしれない)、値段だけを見て選ぶことのないようにしたい。

お知らせ

「STOP! 潜水事故」の読者の皆さま
事故に遭わない方法、事故に対面したときの対処法がズラリ!

『潜水事故から学ぶ 安全マニュアル100』絶賛発売中!

定価2,160円(税込み)
100の事例をご紹介!

こちらからご購入できます→マリンダイビングSHOP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • 北海道観光振興機構
  • おきなわトロピコ
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • おすすめダイビングツアー
  • 海のBooks&Goods
  • メルマガ登録解除
  • 海を守ろう 考えよう
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK

Present今月のプレゼント