ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

Facebook Twitter Instagram

STOP! 潜水事故

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
STOP! 潜水事故

ダイビングに限らず事故はつきものではあるが、最初から最後まで何事もなく安全に楽しめてこそ、本当のレジャー。
ダイビングの場合、潜水事故というと死に至るケースも少なくない。
そして多くの人が「他人事」と思っているフシもあるけれど、ふとした気の緩みやちょっとしたケアレスミスで潜水事故が起こることも。 明日はわが身。 もう一度基本を振り返る意味でも、ぜひこの連載を参考にしていただきたい。

CASE紹介

CASE 42 水中で意識朦朧に

CASE42 浮上後、意識朦朧に

CASE41 タンクのバルブ開け忘れ

CASE 40 潜降中に行方不明

CASE 39 咳き込んで海水を飲み、パニックに

CASE 38 ダイビング中、低体温症に

CASE 37 カメラが岩に挟まってエア切れに

CASE 36 ダイビング中に天候急変、浮上後流される

CASE 35 フリーフローと溺れ

CASE 34 1月の海で減圧症

CASE 33 撮影に夢中になりエア切れ

CASE 32 エアの早い友達を先に上げてダイビングを続行し、漂流

CASE 31 ドライスーツ着用でパニックに

CASE 30 フィッシュウオッチング中にパニックに

CASE 29 ダイビング中に気分が悪くなり病院搬送

CASE 28 エア切れで漂流

CASE 27 海洋実習中、海水を飲み込み、死亡

CASE 26 BCに空気が入らずパニックに!

CASE 25 6月、北の海で70代女性が意識不明に

CASE 24 マスクに海水が浸入して大パニック!

CASE 23 水深40mを潜り、減圧症の疑い

CASE 22 BCに空気が入りっぱなしになり急浮上

CASE 21 浮上したら係留していた船がいない!

CASE 20 水深35mでパニックに

CASE 19 残圧がなくなり一人で浮上し、死亡

CASE 18 ナイトダイビングで帰らぬ人に

CASE 17 フリーフローでエア切れに

CASE 16 レギュレータークリアに失敗して・・・

CASE 15 ロープ潜降で1人行方不明に

CASE 14 初めてのダイビングでパニック

CASE 13 一人セルフダイブで帰らぬ人に

CASE 12 ボートダイビングで移動中に骨折

CASE 11 ダウンカレントにつかまり気づけば-40m超

CASE 10 エアがない!→パニックに

CASE 9 ダイビング中に心停止

CASE 8 海中で咳込んでパニック→急浮上

CASE 7 浮上後、体が痺れて目の前が真っ暗に

CASE 6 ボートから逆に流され13時間漂流

CASE 5 エアがなくなったダイバーに突然レギュを奪われパニック

CASE 4 水中で迷子になり、死亡

CASE 3 持病を隠して潜水中、突然の体調不良で失神

CASE 2 マスククリアができずパニック!

CASE 1 ダイビング中に息苦しくなり意識不明に

CASE 43 うねりで顔面強打:次回更新予定日 2016年10月26日

CASE32 エアの早い友人を先に上げてダイビングを続行し、漂流

原因今回の潜水事故の原因

  • バディ不遵守
  • 身体拘束
  • 監視不十分
  • 器具の不備・取り扱い不注意
  • 体調の不注意
  • 技量の未熟
  • 気象・海象の不注意
  • エア確認不注意
  • その他

  事故者は友人2名とともにボートダイビングに参加。
 午前中は3人で一緒に潜ったが、午後になって友人の一人が船酔いをしたため、休むと言い出した。そこでもう一人の友人と二人でダイビングをしたところ、友人のエアが早く20分ぐらいで上がると言い出した。もう少し潜っていたかった事故者は先に友人に浮上してもらうことにし、自分は一人でダイビングを続けた。
 ダイビングが終わって浮上したところ、自分の位置がボートの南南西約300m離れていたため、自力で戻ろうとしたが、折からの風浪のために戻ることができないと判断し、タンク残圧でエアホイッスルを鳴らした。しかし、ダイビングボートは気づかず、流されるままになってしまった。夕方になって、漁船が近くを航行してきたので、水中ライトやエアホイッスルで合図を送ったところ、ようやく漁船が気づいてくれ、救助された。

原因直接の原因:漂流

対処法

事例から、漂流するに至った原因、助かった要因など、良きにつけ悪しきにつけ、さまざまなことがわかる。

まず大きな分かれ道になってしまったのが、
友人との離反
この事故の最大要因ともいえるのがこのポイントだろう。

友人、つまりバディにあたるのだが、この場合、事故者も友人もバディシステムの意識が非常に低かったように思う。
ダイビングの基本はバディシステム。日本ではガイド一人に対して何人かのダイバーがついていくシステムをとっているところが多く、バディシステムが機能していないということはよくいわれることだが、この事故の場合、ボートダイビングではあるが、ガイドがついていたフシはないので、バディダイビングをしていたはずなのだ。なのに、バディのエアがなくなっても一緒に浮上しなかったことは非常に問題だ。

先に浮上したバディに何事も起らなかったから良かったが、それはたまたま運が良かっただけ。
もし何かが起こったら、この友人も、事故に遭っていた可能性もあるのだ。

さて、事故者はバディと別れた後、単独潜水をしていたことになる。
これも安全ダイビングでやってはならないことの一つ。

そして、浮上したところ、船が遠く、漂流

いくつものミスが事故を招いたといえる。

浮上後、BCにエアを入れて浮力を確保したことはとてもいいことなのだが、潮に乗ってどんどん流され、日は暮れて……。

気持ちを強く持たなければ、途中で溺れたり、海水を飲んでしまったりして危険な目に陥ったかもしれない。

暗くなってたまたま漁船が通りかかった船に、水中用のライトを使って存在を知らせたことで助かったわけだが(走っている船にホイッスルが聞こえたとは思えないが、もしかしたらホイッスルも有効だっただろうか)、事故者を救ったのは水中ライトだったのではないだろうか。
万が一のときのために、こうしてライトを携行しておくこともポイントだ。

事故者が助かって本当によかった。
この潜水事故事例から私たちが学ぶことは、
・バディシステム厳守
・単独潜水はしない
・水中ライトの携行
・水面では浮力を確保
といったことだろうか。

それにしても・・・
友人のエアが早かったとあるが、ダイビング開始時に残圧はしっかりとあったのだろうか?
余りのタンクを使っていたのではないか。それに気づいていなかったのではないか?
という疑問も残る。

また、もう一人の友人は、船酔いは気の毒だったが、ダイビングをやめる結論に達したことは、正しい判断だったと思う。

いずれにしても、事故はさまざまなミスが積み重なって起きることを思い知らされる事例である。
皆さんも細心の注意を払って、ダイビングに臨むようにしていただきたい。

お知らせ

「STOP! 潜水事故」の読者の皆さま
事故に遭わない方法、事故に対面したときの対処法がズラリ!

『潜水事故から学ぶ 安全マニュアル100』絶賛発売中!

定価2,160円(税込み)
100の事例をご紹介!

こちらからご購入できます→マリンダイビングSHOP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

おすすめサイトRecommend

  • オリオン
  • AQROS
  • スタッフ募集

サイト内検索Search

リンクLinks

  • 地球の海フォトコンテスト
  • おすすめダイビングツアー
  • 海のBooks&Goods
  • メルマガ登録解除
  • 海を守ろう 考えよう
  • 『マリンダイビング』公式ブログ
  • JLDA

最新号Now on sale

  • 月刊『マリンダイビング』最新刊
  • 楽園モルディブ2019
  • DIVING スタート&スキルBOOK
  • La SCUBA ラ・スクーバ Vol.11

Present今月のプレゼント