ダイビングを始める、楽しむための情報サイト

LINE Facebook Twitter Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE

STOP! 潜水事故
CASE74 指示を守らず漂流

CASE74 指示を守らず漂流

ダイビングに限らず事故はつきものではあるが、最初から最後まで何事もなく安全に楽しめてこそ、本当のレジャー。 ダイビングの場合、潜水事故というと死に至るケースも少なくない。 そして多くの人が「他人事」と思っているフシもあるけれど、ふとした気の緩みやちょっとしたケアレスミスで潜水事故が起こることも。 明日はわが身。 もう一度基本を振り返る意味でも、ぜひこの連載を参考にしていただきたい。

ダイビングの始め方徹底ガイド(大) 潜水事故に学ぶ安全マニュアル100(大)

CASE74 指示を守らず漂流

今回の潜水事故の原因

  • バディ不遵守
  • 身体拘束
  • 監視不十分
  • 器具の不備・取り扱い不注意
  • 体調の不注意
  • 技量の未熟
  • 気象・海象の不注意
  • エア確認不注意
  • その他

ボートダイビングに出かけた女性ダイバー。ダイビングを終えて浮上する際、ダイビングボートから下ろしてあるアンカーロープを伝って浮上するように指示されたのだが、それを無視してアンカーロープから離れたところで浮上。当日は透視度5mあるかないかと非常に視界が悪かったため、水中からボートを確認できなかった。浮上してみたらボートはかなり離れた位置にあり、しかも潮流が逆だったため船に帰還できず漂流した。

直接の原因漂流

対処法

おそらくこの事故者はダイビングの経験もあり、浮上時にアンカーロープをつかまなくてもボートに戻れる自信があったのだろう。
だが、実際にはボートに戻れなかったわけだから、自分の力を過信してしまったということだ。

ダイビングの事故はこうしたちょっとした過信や油断から起きるものだ。

どうすればよかったか? 
わかりきった答えではあるが、敢えて文字にすると、
指示があったとおりに、アンカーロープを伝って浮上する。
これだけのことだ。

そうすれば確実に海にたどりつけるし、ロープをつかんだまま浮上すれば逆流にあったとしても
流されることなく船に上がることはできる(船上からもう1本か2本、ラインが必要ではあるが)。

指示を守らないだけで大ごとになり、ひいては自分の命をも危機にさらすことになる。
水温も高まり、ボートダイビングの機会も増えてきた。
皆さんもこのような事故を起こさないよう、くれぐれも指示を守って安全にダイビングを楽しんでいただきたい。

関連連載:CASE15 ロープ潜降で1人行方不明

「STOP! 潜水事故」の読者の皆さま
事故に遭わない方法、事故に対面したときの対処法がズラリ!

潜水事故に学ぶ
安全マニュアル100
漂流・迷子・エアゼロ・マスクに水などなどシーン別対処法
初心者・ブランクダイバーなどダイバー別事故例&対処法
バディシステムは本当にできているかチェック! 他
こちらから購入できます
潜水事故に学ぶ安全マニュアル100

次回更新予定日 2019年6月26日

CASE75 Cカードを取得していないのに潜って死亡

  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
  • LINE
トップページへ戻る
ダイビングの始め方徹底ガイド(大) 潜水事故に学ぶ安全マニュアル100(大)

バックナンバー

関連書籍Book concerned

DIVING スタート&スキルアップ 2020

DIVING スタート&スキルアップ 2020

マリンダイビング最新号

マリンダイビング最新号

潜水事故に学ぶ 安全マニュアル100

潜水事故に学ぶ 安全マニュアル100

新しい潜水医学

新しい潜水医学

事故を起こさないための潜水医学

事故を起こさないための潜水医学

レンジャーダイバーのための潜水医学

レンジャーダイバーのための潜水医学

マリンダイビング2019年3月号

マリンダイビング2019年3月号